【クレジットカード現金化】金券を購入し換金

「現金が手元にないけれども、どうしても早急に必要だ」そういった経験をしたことがある人はたくさん存在するでしょう。貯金を切り崩して現金を作ったり、家族や親せき、友達や知人に借り入れしたり、自分の持ち物をリサイクルショップやインターネットオークションで販売したり、色々な方法があるでしょう。今、挙げたような例というのは、どちらかと言えば正攻法的なやり方です。その次の段階が、消費者金融会社や銀行のカードローンなど、各種金融機関から利息を支払って借り入れをするというものです。しかし既に借り入れ金額の上限に達していたり、過去に支払事故などがあって、契約ができない方は次の段階へと差し掛かります。その一例がクレジットカードのショッピング枠を使っての現金化です。例えばギフトカードなどの金券を購入し、それを金券ショップなどで換金すれば、直ぐに現金が手に入ります。しかし最近ではクレジットカード会社もそういった現金化という手法には目を光らせていますので、そもそもクレジットカードではギフトカードのような金券が買えなかったりします(カード会社の方でそういう措置をとったり、購入先のお店が買えないようなシステムをとっていたりします)。しかしそんな時でも最悪の場合はカードが利用停止になってしまうというリスクはありますが、方法はまだあります。

その方法というのが、クレジットカードでネットショッピングをして、その対価として現金を指定口座に振り込んでもらうような換金方法や、Amzonギフトカードなどを購入し、それを買い取り業者に販売するというものです。しかし前述のとおり、これらの方法にはリスクがあります。それは厳密に言うと、こういった行為は違法行為に該当するから、です。実際にこのような現金化を利用したクレジットカード利用者が逮捕されてしまったという事例は聞いたことがありませんが、業者側が捕まってという話は過去にもいくつか存在します。クレジットカード利用者にとって、最大のリスクと言えるのが契約しているカードの利用停止、強制解約と言えるでしょう。そもそも利用規約には不当な行為の際には契約を無効とするような内容が記載されていますので、もしカード会社に発覚してしまっては逃れられぬ事態となります。カード会社も不正な利用については近年厳しいチェックと体制をしいていますので、以前よりも厳しい状況にあると言えます。しかし、そうは言っても現実的には、大量に金券を購入したり、大きな金額で現金化したりしなければ、まず知られることはありません。話をまとめると、注意して利用すれば問題がないという可能性が高いですが、同時に最大のリスクであるカードの利用停止を念頭に置いておかなければならない、ということが言えます。

公開日: